ハイドロキノン使用中は絶対に紫外線を浴びないように

ハイドロキノン使用中は絶対に紫外線を浴びないようにってホントなの?

ハイドロキノン使用中は絶対に紫外線を浴びないようにという話はよく聞きますが、具体的に肌にはどんな症状が現れるのでしょうか?
よくシミが濃くなると聞きますが、実際にどうなるのでしょうか?

 

これは非常に気になるのでまとめてみましたので参考にしてくださいね。

 

加齢や紫外線などによるシミやくすみは、紫外線や種々のストレスによって発生したメラニンが肌に蓄積し、溜まってくることにより起きています。

 

顔全体が浅黒い顔色になってきたり、大きなシミができてしまうとぐっと老けた印象になってしまいますよね。

 

シミ、くすみに効果的な成分として知られるハイドロキノンですが、効果が高い反面、使用する際には注意しなければいけないことがいくつかあります。

 

その中の1つ、ハイドロキノン使用中の注意事項として「日焼け対策を必ずすること」があります。

 

これは、とても重要です。

 

世界中で使用されているハイドロキノンですが、海外では高濃度でハイドロキノンを長期間使用した場合、無防備に日光を浴びて色素沈着が発生した例が報告されています。

 

ハイドロキノン使用中はお肌がとても敏感にもなっていますから
紫外線を浴びると普通の肌のときよりも赤くなったりして、あとから茶色くシミになり残ります。
シミがあるところは濃くなりやすいのでハイドロキノンは夜のみ使用して、朝は洗顔して洗い流します。日中は日焼け止めを使いましょう♪

 

紫外線を長時間浴びると肌がこんがりと小麦色になるのは、みなさん体験済みですよね。

 

皮膚の中では、紫外線から肌細胞を守るためにメラニン色素がたくさん作られています。

 

生成されたメラニンは肌の表面に集まり、肌表面を覆います。メラニンの色で肌の色が濃くなるのですね。

 

そして、肌細胞にとって有害な紫外線を黒色のメラニンが吸収して、皮膚の奥まで入り込むのを防いでくれるのです。

 

メラニンは例えるとサングラスのような役割をしてくれているのですね。

 

ところが、ハイドロキノンを塗ると皮膚の中でメラニンが生成されなくなります。

 

メラニンができないということは、紫外線を浴び立場合、肌細胞にダイレクトにダメージがでてきてしまいます。

 

ハイドロキノン使用中に紫外線を浴びると、炎症が起きて肌が赤くなったり、やけどのような症状がでたりすることがあります。

 

肌細胞に直接強いダメージをもたらすということは、シワやたるみなどの老化現象を誘発することにもなるのです。いわゆる光老化ですね。コワイですね。

 

他にも、メラニンの生成を抑制する美白成分は多く存在しますが、特にハイドロキノンは作用が強いため、日焼け対策が必要となります。

 

以上、参考になりましたら幸いです。